洋服のお直しならフォルムアイ

洋服のリフォームやお直し、バッグのお修理
お直し一筋47年、技術と信頼のフォルムアイ

お問い合わせ

【お直し事例】天然染料「ベンガラ染め」でコートの袖口をリメイク

こんにちは~
クイーンズイースト店の渡瀬です、いつもクイックリフォームをご利用頂きありがとうございます。

クリスマスを週末に控え、街はイルミネーションがキラキラしてますね
ここ、みなとみらい地区にも冬の夜を楽しむスポットがたくさんありますが、中でもおすすめは「横浜大さん橋国際客席ターミナル」から眺める夜景です!

一番高い建物がランドマークタワー、並んでクイーンズスクエアやインターコンチネンタルホテル、手前にはコスモワールドの観覧車に赤レンガ倉庫と…みなとみらいが一望できます!

きれいな景色に思わずパチリ

 

平成14年に新設された国内最大級の大型客船ターミナルはその大きさとかたちから「くじらのせなか」の愛称で親しまれ、レストランやカフェも併設されています。

建物は段差がほとんど無くバリアフリーなので、誰と訪れても楽しめます。
そして屋上デッキはなんと24時間無料開放!早朝や夕暮れ時にはまた違った景色が広がります。
富士山が見える晴れた日の夕方もおすすめですよ!
アクセスは、みなとみらい線・日本大通り駅から徒歩7分です。

いつもの道も、初めての街も、ゆっくり歩くといろいろな発見があって楽しいですね
私は先日、ベンガラ染めの体験をしに大阪へ行ってきました!そんな旅好き・布好きなわたしの大阪レポートをはさみつつ、ここからはコートのリメイクの続きをご紹介いたします。

 


大阪・梅田から電車を乗り継ぎ1時間…。
向かったのは羽曳野市、ベンガラ染めの「古色の美」さんです。
ベンガラとは土から取れる酸化鉄を原料にした赤色の顔料で、陶器や漆器の着色や日本家屋の防腐塗料としてよく使われています。
こちらではベンガラを繊維製品の染色に使えるように、すべて手作業で染料へと加工をされています。
薬品を使っていないので人にも環境にも優しく、誰でも安心して染色を楽しむことができるんですよ
わたしは型紙作りから型染めを教えて頂きました。

 

自分で作ると愛着もひとしお…。

 

型染めの他にも、さまざまな技法のベンガラ染めを教えてもらうことができます。
持ち込みの布も染められるのでアレンジ次第で洋服の復活もできそうですね

 


さて!ここからが本題です!
前回シルエットを大きく変えたコートの袖口をリメイクしていきます。
→【お直し事例】トレンチコートをノーカラーに

 

 

このコートの袖は 「筒袖(つつそで)」と言い、袖口のデザインでは1番シンプルなかたちです。
もう少し長さが欲しいので裏に見返しを付けて袖丈を出しましょう。
横に付いている飾りの「ベロ」も移動します。

袖丈を出すと袖口の擦り切れが表に出たり、表地の退色による色の違いが目立ってしまう事がよくあります。
これは袖に限らず、出しのお直しに共通する注意点ですので、みなさんも是非覚えておいて下さいね!

 

このコートはわりと生地の状態が良く色褪せもなかったので、縫い代ギリギリまで出すことにします。
折り跡がちょっと気になりますが…3センチは出せそうですね。

見返し部分にはオリジナルのテキスタイルを使いたいと思います!これもベンガラ染めです。

 

完成がこちらです。
ボタンも黄色い糸で付け直してみました。着たときに袖口から生地がチラッと見えるのもおしゃれです。

 


お直しは体型に合わせてシルエットを作り直すことが前提ですが、こんな風にアレンジをプラスしてオリジナルの1着を作ることもできるんですよ!

今回は古着のリメイクでしたが、昔の洋服って質の良い生地を使っているものが多いんです。
ものが溢れる現代、本当に大切にしたいものは手をかけて、長く愛用する気持ちを忘れないでほしいですね…

コートは店頭に飾っていますので、お手に触れてご覧いただけます。
お電話でのご質問、ご相談もお気軽にどうぞ。

次回は当店のブログ担当、佐藤が帰ってきますよ
元気120%の佐藤節をお楽しみに~

店舗ページ
住所 220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3−2
クイーンズイースト4F クイックリフォーム・F
電話番号 045-682-2561
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
交通機関
  1. JR・市営地下鉄「桜木町」駅徒歩約8分
  2. みなとみらい線「みなとみらい」駅から直結

PageTop