洋服のお直しならフォルムアイ

洋服のリフォームやお直し、バッグのお修理
お直し一筋48年、技術と信頼のフォルムアイ

お問い合わせ

こだわりデニムのお直し – 裾残し加工

OPEN一周年!5/6(日)までノベルティープレゼント実施、税込5,400円以上のお会計の方先着30名様

 

Form-i GINZA SIX店です、いつもご利用ありがとうございます。
今回はデニムの丈詰めやリペアをお直し屋の視点から皆様にご紹介していきたいと思います。

裾残し加工

長年穿きこんだようなデザインを手軽に楽しむめるウォッシュ加工やヴィンテージ加工ですが、せっかくのヴィンテージ加工も丈を詰めてしまうと無くなってしまい、裾周りだけ新品のような仕上がりになってしまいます。
そこでそのヴィンテージ感を生かすための丈詰め方法が「裾残し加工」です。

 

お直しのお店によっては「かぶせ」「アタリ残し」「貼り付け」など色々な呼び方がありますが、今回は一番ベーシックな裾残し加工をご案内いたします。

 

デニムを仕上がりの寸法でカットし、切り離した裾のステッチを解きます。
この裾に縫い代を付けてカットし…

 

ミシンでパンツ本体と裾のパーツを縫い合わせます。
最後にステッチをかけて完成です。

 

表から見ると新しくかけ直したステッチの上にはぎ合わせた縫い目が見えます。
裏は元の仕上がりと比べてもあまり違和感が無いのでロールアップもしていただけますし、もちろんチェーンステッチで仕上げることもできます。

デニムをデニムでくるんで仕上げるため厚くなってしまうのは難点ですが、
裾周りのデザインを残したまま丈が詰められるのはブランドの特色を生かして着ることができます。

この裾残し加工は元のステッチより2センチ以上上側に出来上がりの位置がこないとできません。
今回は元々のステッチ糸をほどいて新たにステッチをかけなおしていますが、
糸やピッチが特徴的なステッチの場合は、ほどかずに仕上げる方法もございます。

店頭にてご相談ください。

◆料金例◆
裾残し加工 :¥3,000(税抜)より
※デザインにより料金は変ります。

フォルムアイ GINZA SIX店 Staff:SM/SH

Address
東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 5F
Telephone
03-6264-5113(Form-i)

<インスタグラム更新中!>

店舗ページ
住所 104-0061
東京都中央区銀座6丁目10-1
GINZA SIX 5F フォルムアイ×コルドニエ
電話番号 03-6264-5113
営業時間 10:30~20:30
定休日 不定休
交通機関
  1. 東京メトロ「銀座駅」から徒歩2分
  2. 東京メトロ「東銀座駅」から徒歩3分
  3. 東京メトロ「銀座一丁目駅」から徒歩8分

PageTop