洋服のお直しならフォルムアイ

洋服のリフォームやお直し、バッグのお修理
お直し一筋48年、技術と信頼のフォルムアイ

お問い合わせ

テーパードラインパンツの丈詰め・・・

こんにちは、阪急メンズ東京リメイキングサロン鈴木です。

とても暑い日が続いていますがしっかり水分補給をして、あとしばらく頑張って乗り切りましょう!

さて、最近よく感じることなのですが、

ここしばらく流行のテーパードライン(裾に向かって細くなる)パンツの丈詰めをフィッティングすると、「詰め寸法が多くなればなる程裾幅が広くなってしまい、これは元々デザイナーの意図したシルエットから外れてしまっているのではないか?」という疑問です。

そこでランダムに選んだテーパードラインのスラックスで実験をしてみました。

pants_tapered_1 pants_tapered_2

少し分かりづらいかもしれませんが、

右が身長177センチの男性
左が身長168センチの男性

同じスラックスで、長さは短めのノークッションで4センチ幅のダブルで仕上げてみました。

画像437

平置きにしてみると分かりやすいですね。
実際の股下で9センチ程違うのですが、裾幅が1センチ強(円周で2.5センチ程)違いが出ました。

同じ丈感で仕上げるとこの違いは結構重要です!

このことにお気付きのお客様は「裾幅を丈詰めする前のオリジナルの幅に戻す」というご指定をされていかれます。

ブログをご覧いただいた皆様も次の丈直しの際は長さだけでなく、裾幅も気に掛けてみては如何でしょうか?

店舗ページ
住所 100-8488
東京都千代田区有楽町2丁目5−1
阪急メンズ東京5F リメイキングサロン
電話番号 03-6252-5401
営業時間 月・火 12:00~20:00
水・木・金 12:00~21:00
土 11:00~21:00 
日・祝 11:00~20:00 
*臨時変更あり
定休日 不定休
交通機関
  1. JR「有楽町」駅から徒歩約2分
  2. 東京メトロ日比谷線「日比谷」駅から徒歩約5分

PageTop