洋服のお直しならフォルムアイ

洋服のリフォームやお直し、バッグのお修理
お直し一筋48年、技術と信頼のフォルムアイ

お問い合わせ

デザインのあるデニムのウエストつめ

いつもクイックリフォームのブログをご覧いただきありがとうございます。
最近はホームページを見てからご相談にいらっしゃるお客様も増えており、嬉しい限りです!

さて、本日はデニムパンツのウエストのお直しについてのご紹介です。
デニムのお直しは当店の人気メニューでもあり、様々なデザインに対応しておりますが、その中でも「これ直せるの?」と思ってしまうようなデザインのウエスト詰めをひとつご紹介致します。

題材はスタッフ伊藤のデニムです。
サイズが大きかったけどデザインが気に入ったので購入したものの、ベルトをしないと履けない状態だったそう。
どんどん着用する頻度も減ってしまい、タンスの中に眠っていました。

もったいないですね。

さあ、そんな時は「お直し」しましょう!

 


今回はウエストを全体で8センチ詰めます、だいぶ詰めますね。

詰める寸法が多いので、両脇と後ろ中心の「三方詰め」という方法で詰めることにしました。
まずはデザインを細かく見ていきましょう。

 

脇はデニムパンツによくあるデザイン、ポケット口の端に「リベット」が打ち込んであります。

通常、お直しの際にはデザインをなるべく残したいのでリベットは外しません。
脇はリベットより上の位置で自然に消すので、0.5~1.5センチ詰めが限度でしょうか。
残りを後ろ中心で詰めます。

 

後ろはベルトの真ん中に「三角のデザイン」がありました。
右側は革ラベルパッチはありませんが四角い「飾りステッチ」が入っていますね。
ヒップラインは「折りふせ縫い」で、デニム特有の「あたり」があります。

詰めると部分的にこの風合いが無くなってしまいますので、気になる方は要注意です。

お直しには、残せる部分とどうしても変わってしまう部分とがあります、お品物が変わればまたそれも様々ありますので、気になる事はお気軽にご相談ください。

今回の1番のポイントはやはりベルトの三角!
解体して詰めた後、元の通りに縫っていきます。

 

 

そして仕上がりがこちらです。

 

ベルトの左、内側に付いていた花柄の飾り布はあえて表に付けてみました。
こういうことが出来るのもお直しならでは!

ベルト部分に関してはお直し前とほとんど変わらない仕上がりですが、ヒップラインの風合いが無くなるとやはり寂しくなりますね。
左右のバックポケットも中心に寄るため、あまり詰めすぎると「詰めた感」が気になる場合があります。

題材を提供してくれた伊藤は、これでちゃんと履けるようになったと喜んでおります。
着用シーンが増えれば洋服もきっと嬉しいはず😄

食欲の秋、ウエストの出し・詰めはクイックリフォームにご相談ください!

お気軽にお問い合せください

045-682-2561

店舗ページ
住所 220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3−2
みなとみらい東急スクエア①4F クイックリフォーム・F
電話番号 045-682-2561
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
交通機関
  1. JR・市営地下鉄「桜木町」駅徒歩約8分
  2. みなとみらい線「みなとみらい」駅から直結

PageTop