洋服のお直しならフォルムアイ

洋服のリフォームやお直し、バッグのお修理
お直し一筋47年、技術と信頼のフォルムアイ

お問い合わせ

ブラウス・シャツの修理 Vol.2 – 着丈つめ

こんにちは!ミシン工房有楽町店、山口です。
今回は着丈詰めをご紹介します❗️

シャツの裾はラウンド(※前後が長くガーブ付きのデザイン。)しているタイプがポピュラーですが、これは元々「シャツは下着として着用していた時の名残り」なのはご存知ですか?
両脇は短く、前後は股の部分まで覆うように長い仕立てだったと言われています。

現在では腕を上げたりした時にウエストから裾が出ない様に前後の長さが保たれています。
ただ長すぎて着づらい場合や、カジュアルシャツで裾を出して着る場合などは、少し短くするとスッキリして着やすくなりますよ😊

基本的には現状のシルエットでお修理していますが、まっすぐのラインへ変更したり、ガーブ付きの場合は前後で詰める寸法を変える事も出来ます。
両脇部分は詰めすぎてしまうと腰が丸見え…😳
なんて事になってしまうのでバランスを見て採寸していますのでご安心下さい😌

 

着丈詰め

 

○着丈詰め:3,000円(税別)~
○ガーブ付き:4,000円(税別)~

是非一度ご相談下さい😊

店舗ページ
住所 100-0006
東京都千代田区有楽町1丁目12−1
有楽町駅すぐ ビックカメラ前 新有楽町ビルB1F ミシン工房
電話番号 03-3286-6366
営業時間 10:00~19:00
定休日 年末
年始
交通機関
  1. JR「有楽町」駅から徒歩約2分
  2. 東京メトロ有楽町線「有楽町」駅から徒歩約3分

PageTop