洋服のお直しならフォルムアイ

洋服のリフォームやお直し、バッグのお修理
お直し一筋47年、技術と信頼のフォルムアイ

お問い合わせ

用語辞典

ア行

アームホール

身頃脇の袖付け部分のこと。通常は袖ぐり(寸法)のことをいう。

明きみせ

ヒダ・ダーツを使って袖口が開いているようにみせ、ジャケットの袖の部分が実際にはあかないのにあくようにみせるデザイン。

穴かがり

ボタンホールなどを補強するために糸でかがる事。

雨ふらし

=マニカカミーチャ。

アンコンストラクテッド

心地・副資材を省き、脱構築、ソフトな着心地目指した洋服の仕立て。略して「アンコン」ともいう。

いせ込み

ギャザーにならないように、生地をよせてふくらみをもたせる加工。
主にジャケットの袖山やスカートのウエスト部分に使用する(縫製段階で生地に余裕をもたせ体に沿うようにくせづけする技術)。

インサイドベルト

スカートのウエストのベルト、布の中に入れてある芯のこと。
ウエスト内側にある芯。

裏地継ぎ足し

丈出しなどで表地のヘム(縫い代)が足りなくなった場合に、別布を足して表地のヘムの代用をすること。

裏地マチ入れ

サイズを大きくする修理などで裏地が足りない場合に、裏地をつぎ足すこと。

襟みつ

主に紳士ジャケットの後身頃の襟つけの部分のこと。

折り伏せ縫い

主にブラウスなどの肩・脇線に使用。生地の先をからめ合わせて、ミシンでおさえて縫う方法。
(またジーンズの尻ぐりの縫い目に使われる事もある)

カ行

かがり

生地端のホツレ止め。

額縁仕立て

ジャケットの袖やすその裏の始末が額縁の角のように仕立ててあるもの。

かけはぎ(かけつぎ)

破損した部分に共布をあて、表に針目が見えないように緻密に裏側からつぎあわせる事。

肩線

前身と後身をつなぎあわせてある肩の所の縫い線。

肩幅

首から袖付の間の寸法。

カフス袖

袖口のデザインのこと、折り返したりボタンでとめたりすることもある。

カブラ幅

ダブル仕上げの裾の折り返し幅の事。

カラー

広義には「襟」の意。狭義にはジャケットの上襟のこと。
首のカーブに沿うようクセ付けされる。

かんぬき

ポケットやボタンホールの端など、ほころびやすい場所に使う棒状の止め縫いのこと。

着丈

ジャケットやコートの丈、えりぐりからすそまでの長さ。

ギャザー

生地を細かく寄せて縫込む方法。

クツズレ

主に紳士のスラックスで、裾内側のカカト部分に付ける生地のこと。
すべり止めや生地の補強のために本体と同じ生地で取り付ける(すり切れから守るための補強布)。

クリースライン

アイロンでつけられたパンツ前後の折り目のこと、1980年代の英国の軍服がはじまりとされている。

くるみボタン

ボタンを布で包む加工をしたボタン。

グログランテープ

主にスカートのウエストのベルトの内側に付けるテープ(すべり止め、又はウエスト出しの時、足し布がない場合に使用するテープ)。

剣ボロ

=タンザク。
ワイシャツなど袖口のあきの部分にある細長い布のこと。

ゴージライン

上襟と下襟が接する縫い線、立ち襟の頃の名残。

コバステッチ

襟部分などの布の端からぎりぎり(2ミリ程度)のところにかける端処理のステッチのこと。

コンシールファスナー

縫い線にそって付けてあるファスナーで、表から持ち手以外は見えないようになっている。

サ行

サイドベンツ

センターベントと同じつくりだが、開きを両脇に入れたもの。

三方詰め

主にスラックスでウエストを詰める(小さくする)時に、両脇と後中心など3箇所で詰めるお直し。

シームポケット

脇線の縫い目を利用したポケット。

シック

股の部分の摩擦による生地の傷みを防止するための補強布。

シングル仕上げ

表に折り返しがなく、表側にステッチが見えなくなっておりヘム(縫い代)をまつってあるもの。

シングルブレスト

ジャケットの打ち合わせが縦に一列(シングルボタン)のもの。

裾残し加工

デニムパンツのすそのダメージを残したまま丈詰めする方法。ダメージ残しや加工残しなどとも言う。

ステッチ

表から糸が見えるような状態のもの(手縫い、ミシン縫い)。

スリット

スカートやパンツのすそなどにある細長い切れ込み。
一般的にあきの部分が重なっていないものをスリット、重なっているものをベントという。

セットインスリーブ

身頃と袖の付いているところが肩から脇にかけて垂直になっているデザイン。

セッパ(切羽)

ジャケットなどの袖口で、ボタンホールのように見せるもの。
紳士服に多い、ホール風のかざり。

背抜き

ジャケット・スーツの裏地を背中半分までの丈にしているデザイン(通気性をよくしたもの)。

センターベント

ジャケットなどの後中心の裾に入れたあきの事。

袖丈

袖付の山から袖口までの長さ。

袖山

袖の付け根の部分、身頃と縫い合わせる袖のカーブの部分。
袖丈をつめる場合で袖口にデザインがある場合、袖山で袖丈を詰める場合がある。

タ行

ダーツ

体型に合わせて立体的な丸みやふくらみを出すために、布の一部をつまんで縫い消すこと。

出す

丈を長くしたり、巾を大きくする事。

タック

身体に合わせるため、または装飾のために布をつまんで縫ったひだのこと。

ダブル

裾を外側にひと折、折り返したデザイン。折り返し巾の事をかぶら巾という。

ダブルステッチ

デザイン性をもたせるためにステッチを2本かけたもの。

ダブルフェイス

=リバーシブル仕立て。

ダブルブレスト

ジャケットの前の打ち合わせが縦に2列あるもの。

玉縁

ポケット、ボタンホールなどに多く用いる手法で、穴部分を糸でかがるのではなく布で覆ってほつれないようにする技術。

ダメージ加工

デニムを着古したように故意に穴を開けたりキズをつけたり色を落とすこと。

ダメージ残し

=裾残し加工。

段返り

第一ボタンが襟のロールに合わせて裏向きに返っている意匠、普通真ん中のボタンをかけて着用することが多い。

タンザク

=剣ボロ。

チェーンステッチ

縫い目の線を鎖状に仕上げた縫製技法、ヴィンテージジーンズ等に用いられていることが多い。

つきとり

特に紳士物の衿の下に出来る「つきじわ」というシワを補正する時の言葉。

筒袖

袖口に飾りなどのデザインがない円筒状の袖。

つめる

丈を短くしたり、巾をせまくすること。

テイパード

裾が先細りになっていくシルエット。

出来上がり寸

実寸にゆとり分量を入れた出来上がりサイズ。

天狗

パンツの下前の延びた部分でボタンが付く場所、ちょうど天狗の鼻のような形であるところから命名された。

特殊ステッチ

ハンドステッチ、チェーンステッチなど見た目が通常のステッチとはことなるもの。

ドットボタン

糸で付けていないホック式の金具ボタンで、ボタン付け穴が開いていて移動できない。

共布

スーツなど購入時にポケットなどに入っている同じ柄(素材)の布。
裾上げなどで発生する残布の事も共布と呼ぶ事がある。

トリミング

衿、袖口、前立て、裾などに玉縁、レース、パイピング、ファーなどで縁取ってあるデザイン。

ドルマン袖

袖ぐりが深くゆったりしていて、脇線から袖に向かって細くなっているデザイン。

どんでん

コートの裾などで、袋縫いになっている部分をひっくり返して裏側から縫うこと。

ナ行

ニセダブル

=ニセカブラ。
ダブルで仕上げたいが丈が足りないときにダブルに見せかける加工方法。

縫い代

出来上がりラインに縫い込む部分、表からは見えない部分。

ノーベント

ジャケットなどで背中のベントがないタイプ。

ノッチドラペル

上襟と下襟の間隔が120~150度ぐらい空いているタイプでシングルのスーツに多い襟のデザインのこと。
「きざみ襟」とも言う。

ハ行

パイピング

ぬい代の端を別布(バイアステープテープ 0.5cm 位の巾)でくるんでいるもの。
布端や切り替えの縫い目などに装飾的に始末するために用いる。

バックルループ

パンツの前部分についた小さなループ。
バックルのピンを通し、バックル位置がずれるのを防ぐ役割がある。

パフスリーブ

袖付けと袖口にギャザーをよせて膨らませた袖。

半裏

ジャケット・スーツの裏地を背中半分までの丈にしているデザイン。

ピークドラペル

剣襟と呼ばれ、下襟を大きく上げた意匠。
ダブルブレステッドに使われているものがほとんど。

ピスポケット

パンツの尻ポケットのこと、昔はピストルをさしたところからきている。
多くは二つでスリット式の片玉縁である。

ヒップボーン

スカートなどでインサイドベルトのない、腰骨にひっかけてはくデザイン。

比翼仕立て

洋裁で上前の打ち合わせを2重にし、隠しボタン・隠しジッパーにする仕立て。

フィッティングルーム

試着室の事。

袋仕立て

本体と裏地が密着しているデザイン。

袋縫い

ほつれやすい布や薄地に適した縫い方、布の端が見えない技法を用いている。

ふらし

コート・ジャケットの裾で、本体と裏地が離れているデザイン。

フラップ

フロントポケットにつけられた蓋状の布、もともとは埃などの防ぐためだという。

フラワーホール

ラペルの花刺し穴(ボタンホール)。

プリーツ

生地を折り重ねたデザイン加工、規則的に布をたたむ技法でできたヒダ。

プリーツスカート

プリーツの技法を用いたスカート。

フレア

朝顔の形に開くという意味で、広がっているシルエット。

ブレード

「平ひも」の意味で、一定の巾で編まれたひも状の物をいう。
ジャケットの打合せ部分や裾などにデザインとして使われる。(ふちの飾り物)

プレス

アイロンをかける事。

別珍(べっちん)

パイル織物の一種、起毛素材で手ざわりが良い。

ペプラム

スカート・ジャケットでは裾に、ワンピース・ブラウスではウエスト部分下から切り替わって付いているフレア部分のこと。

ヘム

裾・袖口の折り返し布(中に折り返した部分のこと)、丈を長くするにはこのヘムに余裕が必要。

ベルト通し

ベルトを通すための布。

ベルトレス

ヒップボーンやハイウエストなど、インサイドベルトの無いデザイン。

ベルベット

ビロード、パイル織物で表面が滑らかで光沢がある素材。

ベンツ

=ベント。
ジャケット・コートの脇、後ろが開いている部分。
両脇をサイドベンツ、後中心部をセンターベントという。

ボタンホール

ボタンを掛けるための穴。
ボタンホール仕上げにはハトメ、ネムリ、両止め、玉縁などの仕上げ方法がある。

ボックスプリーツ

表、裏側が付き合わせになっているヒダ。箱ヒダ。

ボレロ

丈の短いジャケットの事、カクテルドレスなどのうえに合わせて着る事が多い。

本明き袖

=本切羽。
袖口にボタンホールを作り、ボタンを掛けたり、外したりすることができる袖口。
袖口が開くようになっている。

マ行

マーベルト

パンツの腰裏に使用される帯のこと。

前かん

スカート・パンツなどのファスナー上部にある、引っ掛けて付ける金具。

股上

パンツの股からウエストまでの部分。

股下

パンツの股より裾までの部分。

まつり

裾の折り返し等を縫いとめる作業。

マニカカミーチャ

イタリア語でシャツの袖のこと、ナポリ仕立ての特徴で袖山に特有の縦線があるもの(袖山が盛り上がってないデザインになっているもの)。

見返し

襟ぐり、袖口、ウエストなどの内側に付ける生地。

身頃

衣服の襟や袖を除いた胴体の部分。

ミシンたたき

=ミシン刺し。
ひざやおしりが破れた時にその箇所をミシンで何度も縫うこと。

三つ折ステッチ

縫い代を三つ折にしてミシンステッチで縫いとめたもの。

モーニングカット

=アングルボトム。
パンツの裾で、前側と後側の長さが違う仕上げ。
前の方が短く、通常1~1.5cmの差をつける。

持ち出し

スカート・パンツのベルト上前・下前の重なる部分(ベルトの重なる部分)。

ヤ行

裄丈(ゆきたけ)

首の付け根にあたる部分から肩を通って袖口までの長さのこと。

ヨーク

ジャケット・シャツなどの前身頃・背当て部分や、スカートのベルト下で、一度切替えているデザイン。

ラ行

ライナー

コートなどの裏地で、ジッパーやボタンで取り外しできるタイプの物。

ラグラン袖

襟ぐりから袖口にかけて袖付けに縫い目の無いもの。

ラペル

ジャケットの下襟のこと、一般的なノッチドラペルをはじめさまざまな種類がある。

リバーシブル仕立て

=ダブルフェイス。
見た目は生地が一枚になっているように見えるが、実際は生地を二枚はり合わせて作った生地のこと。
一枚仕立て。  

リフォーム

衣服の基本的なデザインは変えずに、着丈や身幅などのサイズ直しや、袖丈や衿幅などを変えること。

リペア

穴開きやすりきれを補修したり、壊れたファスナーなどを付け替えたりすること。

リメイク

衣服のデザインを変えること。
たとえば袖のある服をノースリーブに、シャツ衿を丸衿に、パンツからスカートにするなどがある。別の種類の衣類に変えたり、バッグなどの小物に作り変えたりすることもリメイクと呼ぶ。

ワ行

渡り幅

股部分の前中心から後中心までの巾。

PageTop