洋服のお直しならフォルムアイ

洋服のリフォームやお直し、バッグのお修理
お直し一筋47年、技術と信頼のフォルムアイ

お問い合わせ

こだわりサービス

機器について - equipment -

弊社は様々な機器を導入しお客様のご要望にお応えしています。

① ユニオンスペシャル

ユニオンスペシャル1
ユニオンスペシャル2

初めてのジーンズはこの会社のミシンで作成されました。
アメリカのこのメーカーはすでに無く、弊社はこの貴重なミシンを使用して、ご要望のお客様にはジーンズの裾上げを行っています。現在、阪急メンズTOKYO5F「リメイキングサロン」で常設しています。このミシンと本物の綿糸を使用して裾上げをすると、独特な「ヨリ」がかかり、使い込んでいくうちに独特な風合いが出てきます。

② 極太ステッチミシン

極太ステッチミシン1
極太ステッチミシン2

おしゃれな極太ステッチは感性が大切です。弊社の専用ミシンは仕上がりの綺麗さに自信を持っています。

③ ドットボタン専用打ち器

ドットボタン専用打ち器1
ドットボタン専用打ち器2

これでジーンズなどに使用されているドットボタンを打ちます。ボタンにはさまざまな色や大きさがあります。当社は約100種類程常備していますので、その中から最適なものを、お客様と相談して決めさせていただきます。ボタンの状態によれば、もともとの状態を維持して修復することも可能でございます。

④ 本切羽専用機(ボタンホール作り用)

本切羽専用機(ボタンホール作り用)1
本切羽専用機(ボタンホール作り用)2

紳士服の袖で仕上がっていない状態のものに、指定で入れる場合が多くなっています。また趣味で洋服のオーダーを作っておられる方が、上着の袖やフロント部分に入れる場合もあります。弊社では各地の主要店舗やアトリエに常設しています。

⑤ 3本針用の特殊ミシン

3本針用の特殊ミシン1
3本針用の特殊ミシン2

スエットパンツやTシャツの裾などに多く見られるステッチを入れるための機械です。ミシン針が3本あって、一度に綺麗にかかるようになっています。

要望について - demand -

弊社はお客様の様々なご要望にお応えしています。

① ジーンズの裾残し仕上げ

ジーンズの裾残し仕上げ1

ジーンズの裾を残して丈つめをします。裾のすり切れた風合いを残すために、あえて途中をカットして丈つめをします。

② リンキング補修

リンキング補修1
リンキング補修2

ニット衣料の穴あきも補修できます。 これは手作業でひと目ひと目縫いこんで仕上げます。このひと目ひと目の力の入れ加減が仕上がり状態を決定づけます。強すぎず、弱すぎず、ベテランは微妙な手加減で仕上げます。またニット衣料の袖を途中で切って、袖丈をつめることもできます。ひと目ひと目編みこんで綺麗に仕上げることができます。

③ かけはぎ(かけつぎ)

かけはぎ(かけつぎ)1
かけはぎ(かけつぎ)2

破れ穴も、繊維を一本一本編みこんで修復します。これも高度な職人技です。

④ 毛皮や皮革のお直し

毛皮や皮革のお直し1

毛皮の縫い目がほどけたり、袖丈をつめたりと様々なことができます。長いコートは裾をカットして、ショールに作り替えたりすることもできます。
流行に合わせて脇をつめたりもできます。

⑤ 持ち手の染め替え・交換

持ち手の染め替え・交換1
持ち手の染め替え・交換2

持ち手を染めたり、交換もできます。
バッグの持ち手も綺麗になります。

PageTop