緊急事態宣言による営業時間変更のお知らせ
緊急事態宣言による営業時間変更のお知らせ

店舗ブログ

スラックスの裾幅つめ

神奈川県 - みなとみらい東急スクエア店

こんにちは、いつもクイーンズイースト店のブログをお読みいただきありがとうございます。

ここ最近「パンツの裾幅つめ」のお問い合わせをよくいただきます。
スラックス、カジュアルパンツ、デニムパンツとお持込みのデザインは様々ありますが、お直しされるのは皆さま男性のお客様なんです!
メンズもワイドが流行する中、裾口がすぼまったテーパードラインを好まれる方もわりと多いのですね。

と言う事で、本日は裾幅つめについてご紹介致します!
こだわりのある男性の皆さま必見ですよ😄

 


先日お越しいただいたお客様は「オーダーでお仕立てされたスラックスがなんだかしっくりこない」という事でご来店。
詳しくお伺いしたら、いつもと寸法をちょっと変えてみたんだそう。

ご試着いただき鏡で一緒に確認しながらピン打ちした結果「2センチの丈出し」「裾幅を2センチつめる」ことになりました。
相談の末「ダブルの幅も3センチ」と、現状より細く仕上げることに。
だいぶお金がかかっちゃったよと笑いながらスラックスをお預けになられました。

裾幅つめをする前と、つめた後の写真がこちら。

 

 

カブラ幅を細くしたのは正解で、だいぶすっきりとした印象に仕上がりました。
気になっていた「あと残り」もアイロンの蒸気でほぼ消えました。

 


ところで皆さま、お直し屋さんでよく出てくるワード「あと残り」をご存知でしょうか。
これは既製品として縫製された糸をほどいた時に残る針穴や、日光などによる退色のことを指します。
今回のスラックスもダブル仕立てでしっかりプレスされ、さらにスナップも付いていたので、ほどいた時はやはり針穴が目立っていました。

 

しかしこちらのスラックス、素材がウールでしたのでアイロンの蒸気をゆっくりあてて、すっかり元どおりになりました。

 

例えばパンツの丈つめをする際に、つめる寸法が極端に少ない場合やステッチひと折りぶんしかつめない時にこの針穴が表に残ってしまうことがあります。
お直し屋さんから「あと残りします」と言われたら思い出して下さいね!

 


さて裾幅つめのスラックス、数日前にお引き取りに来られ、お時間の関係でご試着はされませんでしたがしっかりご確認いただきお持ち帰りになられました。
※ブログ掲載にご協力いただきありがとうございました。

参考価格

ダブル仕上げ:1,800円(税別)
※ほどき代、スナップ代別途。

裾幅つめ:2,000円(税別)
[2019/11/27 訂正]
2,000円(税別)+裾の仕上げ代金(※シングル、ダブル、モーニング等)
※ひざ下~裾。

ジーンズやカジュアルパンツの裾幅つめもご紹介していきますので、楽しみにしていて下さい!

店舗ページ
店舗の外観 みなとみらい東急スクエア店
住所 220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3−2
みなとみらい東急スクエア①4F クイックリフォーム・F
電話番号 045-682-2561
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
交通機関
  1. みなとみらい線「みなとみらい」駅から直結
  2. JR・市営地下鉄「桜木町」駅徒歩約8分